Problem Solving, Optimizing Performance and Finding New Ways to Spray

スプレー分析および調査とは?問題解決、性能の最適化および新しい噴霧方法の発見です

ガス冷却や粘性のある液でのコーティング、タブレットコーティングのようなより複雑なスプレー稼働において正確な性能を実現するスプレーノズルおよびシステムを見つけるにはいくらか調査が必要になります。これらの稼働においてノズルが使用される工程条件を再現することはできません。そのため弊社では米国にスプレー分析および調査に従事した部署を持っているのです。この部署は弊社の世界最大のスプレー実験室で検査を行い、正確なお客様の稼働条件にてスプレー性能を決定するための高度なモデリングツールを使用します。本調査および検査の結果でノズル選択の正当性を立証する一方でその他の要素も確認していきます:ランスのノズル配置、インジェクターおよびヘッダー、稼働環境内のどの位置に供給装置が配置されるか、稼働条件の変更による影響およびスプレー性能への熱応力等。

www.sprayconsultants.com (英語)

弊社の米国のスプレー分析グループは新しいスプレー方法も調査します。お客様は問題を解決するのに弊社に既存の技術ではなくスプレー技術を使用することをご希望されます。弊社の調査エンジニアはプロトタイプを作成し、アプローチと製品の実現可能性を検証するため概念実証検査を行います。結果は新しいスプレーノズルや新しいスプレーマニフォールドの設計から、お客様が「スプレーできない」と思われていた既存の製品やスプレー材料の利用まで様々です。主に以下の利点があります:

  • 製品/工程品質の改善
  • 水、化学品およびエネルギー使用量の削減
  • より清潔で安全な労働環境
  • 自動稼働により作業者が他の仕事に従事可能に

サービス概要:

  • 弊社実験室での性能検査(英語) には以下が含まれます:
    • スプレー特性
    • 粒子径サイズ分布
    • スプレーインパクト
    • スプレーパターン
    • スプレーカバー範囲
    • スプレー角度
    • 蒸発率
    • 滞留時間
    • ドウェルタイム
  • スクラバーや塔内での液流やガス流、壁へのインパクト、死角等のようなより複雑な稼働における性能を予測するための高度なモデリング。
    • 計算流体力学モデル(英語) は流量パターン、速度、温度、ガス/液体分布、粒子の軌道、システム全体の圧力および液流によって生じるインパクト力、圧力を描き出します
  • 流体構造連成(FSI)および有限要素法(FEM)モデル(英語) は流体力学、機械的応力および構造的完全性の間の相互作用を決定します

もしお客様が困難なスプレー応用に直面されている、または新しい応用方法を探索したい場合は弊社まで ご連絡ください。弊社には多くの経験、専門知識、および国際的な資源-実験室やスプレー専門のスペシャリスト-があります。

Bulletin 626

お問い合わせ

営業所・住所ほか

電話番号:
仙台営業所
022-746-9830

東京営業所
03-3449-6061

神奈川営業所
045-948-5363

静岡営業所
0545-51-5671

名古屋営業所
052-910-8281

北陸営業所
0761-43-0310

大阪営業所
06-6784-2700

広島営業所
082-511-6560

九州営業所
092-627-1715

八日市場工場
0479-73-3157

グローバルウェブサイト