様々な液体を精密にスプレー、運転状況の変化にも対応し無駄の無い高効率スプレーを実現します


精密スプレー制御(PSC)とは

精密スプレー制御(PSC)システムは、基本的にPulsaJet®パルサジェット自動スプレーガンとAutoJet®オートジェットスプレーコントローラーで構成されています。複数の自動ガンが必要な場合は、スプレーマニホールドで使用されることもあります。

AutoJetスプレーコントローラーでPulsaJet電動ガンを高速でオン・オフ制御し、流量調節を行います。このオン・オフサイクルは連続したスプレーに見えるほど、非常に速い速度で行われます。また生産ラインスピードの変化など運転状況に応じた流量の自動調整も行えます。流量調整が瞬時に行われることで、塗布量を最適に保つことができます。

特長

  • 精密スプレー制御(PSC)は、パルス幅変調(Pulse Width Modulation)制御方式を用いています。
    PWM制御:電気信号によってノズルを高速で間欠させるとともに、1サイクル(ON→OFF)におけるスプレー時間と停止時間の割合を調節することで噴霧量をコントロールする制御方法。サイクルスピード(サイクル回数/分)とDuty Cycle(サイクル内のON/OFF比率)により、微調整が可能となります。

  • コーティング剤の過剰塗布、塗布不足を抑制し、品質低下や不良品発生を減らします。

  • 適量のコーティング剤を対象物に直接塗布することで、高価なコーティング剤の使用量を削減できます。

  • 高速間欠スプレー(最大15,000サイクル/分)自動ガンにより、高速生産ラインにも対応できるため、生産性向上に繋がります。

  • 専用コントローラーにより、ひとつのノズルで幅広い範囲の流量に対応するため、スプレーセットアップの交換時間を最小限に抑えます。

  • 一流体PulsaJet電動ガンは二流体ノズルの流量に相当する微少流量スプレーを実現します。さらに二流体ノズル使用時のミスト飛散や過剰スプレーといった問題がなく、また圧縮エアーのコスト負担を解決します。