PathoSansでサステナブルな洗浄・除菌工程を実現


有害物質が含まれる化学薬品を使用しないことは、環境にやさしいだけでなく、作業者の安全確保や収益性の向上にも繋がります。洗浄・除菌効果のある電解水を必要な量だけお客様の現場で生成できるPathoSansシステムは、よりサステナブルな運用を実現します。

環境面

  • お使い頂く現場で生成するため、化学薬品を使用する際の薬品運搬、使用済みドラム缶や容器の処理、薬品コンテナの廃棄等に伴う環境汚染の恐れがありません。
  • 必要な量だけを生成するため、危険な薬品を保管しておく必要がありません。
  • PathoSansで生成した電解水はそのまま排水しても問題なく、特別な廃棄処理の必要がありません。
    ※排水処理につきましては、各自治体の規制に従って下さい。

作業面

  • 生成された電解水は希釈せずにそのままお使い頂けるため、有害物質を含む高濃度の薬品を希釈、混合する作業工程を必要としません。
  • 肌や目への刺激が少なく、無臭のため、作業時に特別な防護具を身に着ける必要がありません。

運用・費用面

  • 化学薬品を使用されている場合、薬品の購入、保管、管理にかかる費用を削減できます。
  • 薬品の購入に関わる輸送費を削減できます。
  • 危険物を扱う際に必要な防護具の購入や安全トレーニングに関わる時間や労力を省くことができます。
  • 防護具の着脱のために作業が中断することがないため、作業効率が向上します。
  • 作業環境の安全性が向上することで、作業者の勤務満足度や勤続期間の改善に繋がると共に、労災のリスク低減に貢献します。
  • 排水処理費用を削減します。
  • 薬品コンテナ・容器の廃棄費用を削減できます。
  • 初期設備投資の必要がなく、電解水の生成量に応じた月額料金プランのため、お客様の現在の運用状況により、従来の薬品を使用する場合に比べ、30%程度のコスト削減に繋がる可能性があります。