ノズルの基礎TOP | ノズルの用途 | スプレーパターン形成 | 粒子径の測定 | ノズルの選定要素 | 単位換算表 | 加湿技術


細長く出たり丸く出たり、どうして?

現在まで数万アイテムのノズルを開発してきました。しかし突き詰めていくとスプレーノズルのベーシックな機構は、液圧だけで噴霧する一流体と液体と気体を混合させる二流体の2種類。スプレーパターンはフラットフルコーンホローコーンソリッドの4種類をつくることができます。

主なスプレーパターンの種類

一流体 二流体
フラット フルコーン ホローコーン ソリッド 微細スプレー エアアトマイジング
フラット
(扇形)
フルコーン
(円形全面)
ホローコーン
(円環形)
ソリッド
(直進形)
微細
スプレー
エアー
アトマイジング


フラット(扇形)

~膜状分裂~

高圧のノズルから大気中(低圧)に噴射されると液体は膜状に広がり、薄くなった膜は振動によってまず板状に。そして不安定な板状は直ちに液体の表面張力により、柱状となり、さらに引きちぎれて液滴となります。これを膜状分裂といい粒子径は圧力によって変動します。

液膜

オリフィス部のキャッツアイ構造やディフレクター構造によりフラットスプレーパターンを形成します。

フルコーン (円形全面)

~内部ベーンの機能~

流体の一部をノズル内部のベーンによって強制的に旋回させて噴出し、残りの液体はノズル内を直進させます。両者の流れを合成させて形成するのがフルコーンスプレーパターン。
高精度なフルコーンスプレーパターンとスプレー角度をつくりだすのは"X"形状のベーンと精巧なオリフィス形状。他方式に比べて異物排出能力が高いため目詰まりしにくい構造です。

ホローコーン(円環形)

~遠心力の応用~

インレットから供給された液体を旋回室に流入させ、渦巻旋回力で液体を拡散させてオリフィスから噴出。釣鐘状の液膜を形成するのがホローコーン。円環状のスプレーパターンになります。
容器に水を入れて振り回すと遠心力で容器の壁に沿って水が盛り上がり、中心部が空洞になる原理を応用したものです。